第0回によせて

長岡 健
Takeru Nagaoka

カフェについて考える


もう15年も前のことです。私と加藤さんが「教室」という場を変えようというプロジェクトを行っていたとき、新しい学びの場を考えるためのメタファーとして「カフェ」という言葉が思い浮かびました。整然と並ぶ机と椅子、話す人(教師)と聞く人(学生)の間に引かれた明確な境界線、そんな特徴をもつ教室に窮屈さを感じ、実際には経験したことのない「カフェでの会話」を想像しながら、新しい教室のあり方について思いを巡らせていました。

あれから長い年月が経過し、私と加藤さんのプロジェクトは終了しましたが、「カフェ」という言葉の方は、とてもポピュラーなものになりました。例えば、私の手元に「カフェ的会話が世界を変える」という副題のビジネス書がありますが、当時は、ビジネス書のタイトルに「カフェ」という言葉が載るとは考えられませんでした。また、数年前には、いわゆる「カフェ・ブーム」が起き、東京のいたるところにカフェがオープンしました。そして、15年前には想像していただけの「カフェでの会話」も実際に体験できるようになりました。

でも、新たな言葉が身近になり、違和感なく耳に入ってくるようになると、当初その言葉がもっていた強いメッセージ性が失われてくように思えます。また、実際の姿を知ってしまうと、メタファーとしての言葉がもっている、想像を喚起するちからが弱まっていくようにも思えます。

今、「カフェ的会話」という言葉が違和感なく飛び交う現実があります。一方、その言葉が本当に意味していることを曖昧にしたままで、何とも感じない私がいます。15年前に想像していた「カフェでの会話」がどんなものだったのかを思い出そうともせず、表参道のカフェで一人、PCのキーボードを叩いている私がいます。新しいコミュニケーションの場について考えるプロジェクトを始めようと思ったとき、「カフェをめぐる曖昧さ」に慣れすぎた自分自身がいることに気づきました。

DSC00058.JPG

3月21日の会(第0回)では、「カフェ」をめぐる対話をしたいと思います。日常の多様な場面で使われる「カフェ的・・・」というフレーズには、一体どんな意味が込められているのでしょうか。空間のデザインを考えるためのカフェというメタファー、地域の人々がつながる場(サード・プレイス)としてのカフェ的な空間、そして、商業施設をめぐる動きとしてのカフェ・ブーム。「カフェ」から連想される多様なストーリーを、それぞれの参加者にもちよってもらい、私たちの頭の中と街の中にある「カフェをめぐる曖昧さ」に対して、ほんの少しシャープな輪郭を与えてみたいと思います。

第0回は「自画持参」の準備の会として開催するため、あらかじめご案内を差し上げた方のみの集まりとなります。第1回以降は、できるだけオープンにし、参加者を募るかたちで開きたいと考えています。

第0回 開催概要

日時:2010年3月21日 (日) 18:30〜
場所:mew's cafe
東京都港区南青山5-6-6 メゾンブランシュ1-201

より大きな地図で mew's cafe を表示

テーマ:カフェについて考える

参加者(敬称略・順不同)

  • 岡部 大介
  • 中山 誠基
  • 山崎 亮
  • 酒井 俊典
  • 藤原 純子
  • 木村 健世
  • 矢崎 順子
  • 上田 信行
  • 川島 典子
  • 大西 景子
  • 長岡 健
  • 加藤 文俊

スタッフ

  • 石井 あゆみ
  • 岩淵 麻子
  • 仲尾 千枝

企画・運営:自画持参研究室